日本科学技術史大系  第13巻 (物理科学)

日本科学史学会 編

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p1
  • 編集方針・凡例 / p2
  • 序章 総説 / p11
  • 第1節 日本の物理学 / p11
  • 第2節 日本の化学 / p22
  • 第1章 外人教師指導下の物理学 / p29
  • 第2章 化学研究の基礎形成 / p55
  • 第1節 概況と背景 / p59
  • 第2節 化学思想の成立 / p70
  • 第3節 研究業績 / p75
  • 第3章 日本における物理学の定着 / p87
  • 第4章 化学における伝統の形成 / p111
  • 第1節 伝統の形成 / p121
  • 第2節 研究業績-自立の第一歩 / p136
  • 第5章 物理学の転形期における日本の物理学 / p165
  • 第6章 第1次大戦後の化学 / p187
  • 第1節 化学の革新への対応 / p199
  • 第2節 研究業績-化学研究の自立 / p205
  • 第7章 世の中に出た物理学 / p243
  • 第8章 壮年期に達した日本の物理学 / p277
  • 第1節 二つのノーベル賞を生んだ日本の物理学 / p278
  • 第2節 "本多"金属学から物性論へ / p293
  • 第3節 現代的な応用物理学と国際的水準の測定実験 / p305
  • 第4節 物理学の基礎を追究する人々 / p315
  • 第5節 世の中との交渉-その後 / p325
  • 第9章 化学,15年戦争のあいだ / p341
  • 第1節 全般的状況 / p358
  • 第2節 研究業績 / p360
  • 第10章 物理学における戦争の投影-歪曲・挫折,そして荒廃 / p415
  • 第1節 戦争への傾斜と基礎的研究の追究 / p418
  • 第2節 物理学と戦時研究-ウラン爆弾を中心として / p441
  • 第11章 戦後の物理学-再建と進歩の道 / p475
  • 第12章 第2次大戦後の化学 / p511
  • 第1節 化学研究の復興と発展 / p524
  • 第2節 研究業績-国際化の時代 / p538
  • 年表 / p587
  • 参考文献目録 / p603
  • 索引 / p607

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本科学技術史大系
著作者等 日本科学史学会
書名ヨミ ニホン カガク ギジュツシ タイケイ
巻冊次 第13巻 (物理科学)
出版元 第一法規
刊行年月 1970
ページ数 618p 図版
大きさ 27cm
NCID BN01591666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69024579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想