雲と雷の科学

孫野長治 著

[目次]

  • 目次
  • 第一部 雲の科学
  • 第一章 雲の誕生 / 14
  • 気温と水蒸気量 / 14
  • 大気の冷却 / 17
  • 水蒸気の補給 / 19
  • 大気の安定、不安定 / 20
  • 気温の逆転 / 23
  • 第二章 雲さまざま / 24
  • 十種雲級 / 24
  • 雲と天気 / 32
  • 細やかな巻雲 / 35
  • 低い層雲の正体 / 38
  • 夏をかざる入道雲 / 41
  • 雲の配列 / 46
  • 第三章 飽和しても雲は出来ない / 54
  • 凝結核 / 54
  • 雲粒 / 58
  • 第四章 雲はあっても雨は降らない / 61
  • 昇華核と氷晶説 / 62
  • 凍結核とシェーファー博士 / 64
  • 氷晶核 / 65
  • 第五章 雪の結晶 / 70
  • 雪の結晶に魅せられた人たち / 70
  • 中谷の雪の研究 / 71
  • 雪の結晶の分類 / 76
  • 雪の研究の進歩 / 88
  • 天からの手紙は正しいか / 91
  • 雪の結晶から雨滴へ / 98
  • 第六章 雨滴の表情 / 100
  • 暖い雨 / 100
  • 雲粒の衝突 / 101
  • 巨大海塩核 / 105
  • 雨滴の表情 / 106
  • 第二部 雷の科学
  • 第七章 電光と雷鳴 / 114
  • 雷とは如何なるものにや / 114
  • フランクリンの実験 / 115
  • 電光の写真 / 116
  • 電光の回転写真 / 118
  • 火花放電の実験 / 121
  • 雷鳴 / 125
  • 避雷針 / 127
  • 第八章 雷雲の電気 / 131
  • 雷雲の電気分布 / 131
  • ウィルソンのイオン吸着説 / 134
  • シンプソンの雷雲モデル / 136
  • 近年の雷雲モデル / 139
  • 第九章 晴天時の空中電場 / 144
  • 空中電場 / 144
  • 尖端放電 / 145
  • 大気電気の循環 / 146
  • 青天の霹靂 / 147
  • 第十章 雨や雪の電気 / 151
  • 雨滴の電荷 / 151
  • 降雪の電気 / 161
  • 霙の電気 / 166
  • 雲の中の降水の電荷 / 168
  • 雲粒の電気 / 170
  • 第十一章 雲内の電気発生 / 177
  • 電気の発生と分離 / 177
  • 雨滴に関係した電気分離 / 178
  • 氷粒の衝突、摩擦説 / 179
  • スプリンター説 / 183
  • 着氷説 / 185
  • 過冷却水滴の凍結説 / 193
  • 氷の融解による荷電 / 196
  • ミクロ的な電気分解 / 199
  • これからの問題 / 202
  • 第十二章 氷の摩擦実験 / 203
  • 氷同士の摩擦電気 / 203
  • 氷のなかの気泡の影響 / 204
  • 単結晶氷か多結晶氷か / 205
  • おわりに

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 雲と雷の科学
著作者等 孫野 長治
書名ヨミ クモ ト カミナリ ノ カガク
書名別名 Kumo to kaminari no kagaku
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1969
ページ数 212p
大きさ 18cm
NCID BN01590550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
69001954
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想