労働時間と法

野沢浩 著

[目次]

  • 第1部 労働時間と余暇(原生的怠惰から権利としての余暇へ
  • 余暇概念をめぐる問題点
  • わが国の労働時間論・余暇論とそのイデオロギー
  • 残業強制と拒否の自由)
  • 第2部 労働時間の制度(8時間労働制
  • 労働時間の立法政策
  • 週休二日制促進の課題と移行上の問題点)
  • 第3部 労働時間の法理と判例(特殊勤務形態と労働時間法の限界
  • 年次有給休暇と使用者の配慮義務
  • 労働時間の起算・終了時点
  • 西ドイツ労働時間令の「時間外労働」をめぐる法解釈
  • 労働時間をめぐる判例)
  • 第4部 労働生活の人間化と労働時間(労働時間短縮とワーク・シェアリング
  • 労働生活の人間化と労働時間短縮)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに / p1
  • 第一部 労働時間と余暇
  • I 厚生的怠惰から権利としての余暇へ / p3
  • II 余暇概念をめぐる問題点 / p17
  • III わが国の労働時間論・余暇論とそのイデオロギー / p43
  • IV 残業強制と拒否の自由 / p79
  • 第二部 労働時間の制度
  • I 八時間労働制 / p87
  • II 労働時間の立法政策 (その一) -労基研「中間報告」を契機に / p111
  • III 労働時間の立法政策 (その二) -労基研「最終報告」を契機に / p135
  • IV 週休二日制促進の課題と移行上の問題点 / p165
  • 第三部 労働時間の法理と判例
  • I 特殊勤務形態と労働時間法の限界 / p181
  • II 年次有給休暇と使用者の配慮義務 / p205
  • III 労働時間の起算・終了時点 / p231
  • IV 西ドイツ労働時間令の「時間外労働」をめぐる法解釈 / p239
  • V 労働時間をめぐる判例 / p257
  • 〔その一〕法定外休日労働義務と労働者の拒否の自由 / p257
  • 〔その二〕三交替制連続操業と休憩時間の自由利用 / p277
  • 第四部 労働生活の人間化と労働時間
  • I 労働時間短縮とワーク・シェアリング / p297
  • II 労働生活の人間化と労働時間短縮 / p305
  • 付 資料 / p325
  • あとがき / p353

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 労働時間と法
著作者等 野沢 浩
書名ヨミ ロウドウ ジカン ト ホウ
出版元 日本評論社
刊行年月 1987.11
ページ数 354p
大きさ 22cm
ISBN 4535576904
NCID BN0158724X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88023385
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想