服部英太郎著作集  第4 (戦時社会政策論)

服部英太郎著

[目次]

  • 戦時社会政策論目次
  • 序説 高度国防国家と労働新体制の構想 / p7
  • 第一章 戦時労働力の配置 保全問題への反省 / p25
  • 第一節 労働力の「配置」と「保全」 / p25
  • 第二節 労働力配置統制の端初 / p31
  • 第三節 労働力配置問題の展開 / p39
  • 第四節 賃銀統制の端初 / p52
  • 第一項 標準賃銀制をめぐる二、三の観点 / p52
  • 第二項 戦時経済の強化と国民厚生の課題 / p59
  • 第五節 賃銀統制の展開-ナチス賃銀政策の教えるもの- / p67
  • 第六節 賃銀統制の展開と国民生活 / p99
  • 第七節 戦時と社会保険、家族手当制度 / p110
  • 第一項 戦時体制と社会保険 / p110
  • 第二項 家族手当制度の性格・課題 / p118
  • 第八節 青少年労働力保護の課題 / p125
  • 第九節 交替制への社会政策的反省 / p136
  • 第一〇節 農業問題 / p147
  • 第一項 農村労働力不足調整の問題 / p147
  • 第二項 社会政策と農業問題 / p152
  • 第一一節 国土計画への社会政策的反省 / p156
  • 第一二節 「労務緊急対策」と労働力保全の課題 / p165
  • 第二章 戦時社会政策と労働新体制の課題 / p173
  • 第一節 「労務緊急対策」と労働新体制の課題 / p173
  • 第二節 臨戦労務態勢と産報の進路 / p186
  • 一 勤労新体制の拠点と目標 / p186
  • 二 産報運動への批判の根拠 / p187
  • 三 産報単位組織の課題 / p190
  • 四 産報の法制化と労働政策 / p193
  • 第三節 戦時社会政策と経済 勤労新体制-産報と統制会の関連について- / p197
  • 第四節 生産統制下の労務管理と産報 統制会の課題 / p208
  • 第三章 戦時社会政策と生産力昂揚の課題 / p215
  • 第一節 戦時労働統制と「能率」問題 / p215
  • 第二節 戦時労働と生産増強の課題 / p239
  • 第三節 生産増強と勤労新体制の展開 / p249
  • 第四節 勤労生産力昂揚の日本的課題 / p257
  • 結論 大東亜建設における勤労体系 / p270
  • 補遺
  • I 準戦体制下の社会政策と労働者の地位 / p289
  • II 労働政策の現段階 / p296
  • III 戦時労働組織統制の進路 / p306
  • IV 国民労働力の適正配置 / p312
  • 解題(氏原正治郎) / p317
  • 附録 戦時社会政策法令解説 / p341
  • 編者あとがき(服部文男) / p387

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 服部英太郎著作集
著作者等 服部 英太郎
書名ヨミ ハットリ エイタロウ チョサクシュウ
書名別名 Hattori eitaro chosakushu
巻冊次 第4 (戦時社会政策論)
出版元 未来社
刊行年月 1969
ページ数 389p
大きさ 22cm
NCID BN01575400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
71006713
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想