情動とストレス

G.マンドラー 著 ; 田中正敏, 津田彰 監訳

マンドラー教授は基本的法則を超越した論述を展開している。情動の歴史を考察するとともに、人間の意識を検討し、読者を応用の領域へと誘っている。情動経験と不安、ストレス、身体的疾患、人間の性行動ならびに創造性との関係はどのようなものか?本書は、認知心理学、人間の動機、社会心理学や臨床心理学を学んでいるすべての学生にとって、必須の書物である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 精神、身体、情動
  • 第2章 情動の心理学-過去と現在
  • 第3章 人間の精神
  • 第4章 意識の構造
  • 第5章 精神と情動
  • 第6章 自律神経系の覚醒-その効用と機能
  • 第7章 生物学と情動
  • 第8章 矛盾と妨害-情動の誘因
  • 第9章 価値-情動の質の源泉
  • 第10章 不安の情動
  • 第11章 ストレスと情動
  • 第12章 意義と示唆

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情動とストレス
著作者等 Mandler, George
津田 彰
田中 正敏
マンドラー G.
書名ヨミ ジョウドウ ト ストレス
書名別名 Mind and body
出版元 誠信書房
刊行年月 1987.11
ページ数 449p
大きさ 22cm
ISBN 4414302625
NCID BN0157434X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88008525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想