変動期の日本外交と軍事 : 史料と検討

近代外交史研究会 編

[目次]

  • 「労農露国」承認の思想的前提
  • 軍部の「大正デモクラシー」認識の一断面
  • 日本の国際連盟脱退と南洋群島委任統治
  • 近衛文麿像の再検討-対外認識を中心に
  • 日華事変をめぐる軍事・外交戦略の分裂と錯誤-昭和12〜13年
  • 有田放送(1940年6月)の国内的文脈と国際的文脈
  • アメリカの戦争観とアジアにおける対敵イメージ
  • 東方会議(1927年)に関する外務省記録
  • 大本営陸軍参謀部第2課・機密作戦日誌
  • 「海軍軍縮問題」関係史料目録
  • 『日ソ政治外交史』(小林幸男著)
  • 『植民地帝国・日本 1895-1945』(R・H・マイアーズ、M・R・ピィーティー編)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変動期の日本外交と軍事 : 史料と検討
著作者等 近代外交史研究会
書名ヨミ ヘンドウキ ノ ニホン ガイコウ ト グンジ
出版元 原書房
刊行年月 1987.11
ページ数 287p
大きさ 21cm
ISBN 4562019077
NCID BN01573289
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88026965
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想