メンタル・スペース : 自然言語理解の認知インターフェイス

ジル・フォコニエ 著 ; 坂原茂 ほか訳

ジル・フォコニエのメンタル・スペース理論は、意味論と語用論を統合するダイナミックな言語理解理論の構築を目指している。言語は、単に外部に存在する世界やモデルを正しく、あるいは誤って「表現」するだけではなく、メンタル・スペースと呼ばれるそれ自身の世界を作る。メンタル・スペースとは、文法的知識と言語外的一般知識の相互作用が行われる認知インターフェイスである。ところが、自然言語の文の意味は、多くの場合、メンタル・スペースの構成を一意的に決定するほど十分には規定されていない。そのため、解釈の一般原則により、比較的単純な意味から、多様で複雑な解釈が生み出される。本書の理論は、こうした解釈の生成過程に焦点を当てることで、統語・意味の構造的複雑さの仮定が誤りであることを明らかにし、意味研究の新しい方向を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 語用論的関数とイメージ
  • 2章 役割と多重コネクター
  • 3章 前提-浮遊、転送と投射方略
  • 4章 反事実的条件文と比較文
  • 5章 間スペース操作子、哲学的問題および将来の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メンタル・スペース : 自然言語理解の認知インターフェイス
著作者等 Fauconnier, Gilles
三藤 博
坂原 茂
水光 雅則
田窪 行則
フォコニエ ジル
書名ヨミ メンタル スペース
書名別名 Espaces mentaux
出版元 白水社
刊行年月 1987.12
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 4560018650
NCID BN01570870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88015211
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想