諸科学の解体 : 科学論の可能性

河本英夫 著

本書は科学論=学問論を捉え直し、19世紀初頭における認識論解体以降の反省の在り方を概観し、科学論の可能性を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 批判的理性から歴史的批判へ(科学主義の反省的自己回帰
  • 科学探究と方法論的諸制覇
  • 妥当性要求と方法論的循環
  • 実践的再構成と構造安定化)
  • 2 科学・政治・歴史(ポストパラダイム科学論-その批判的継承と課題
  • 客観性の政治学としての科学
  • 物語と時間化の隠喩
  • 病の形而上学あるいはノヴァーリス)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 諸科学の解体 : 科学論の可能性
著作者等 河本 英夫
書名ヨミ ショカガク ノ カイタイ
書名別名 Shokagaku no kaitai
出版元 三嶺書房
刊行年月 1987.9
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4914906600
NCID BN01568631
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88025829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想