感覚運動の発達と学習障害 : 子どもの神経行動の理解

デルモント・C.モリソン 著 ; 海塚敏郎, 今塩屋隼男 共訳

本書は、神経行動学の最新の研究成果をふりかえりつつ、その理論と実践を紹介したものです。緊張性頚反射、不十分な平衡反応、眼振の抑制-これらが神経行動学的徴候であり、子どもを理解する上での重要な手がかりであることを再度確認しながら、その具体的なノウハウについてもふれています。専門療育家と教師と親が連携をとりながら、子どもの発達を考えていくための、怡好のテキストです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 概要
  • 第2章 神経行動学的な機能不全-実証的研究
  • 第3章 子どもの学習における神経行動学的要因-理論的基礎
  • 第4章 神経行動学的機能不全-研究的側面
  • 第5章 緊張性頚反射
  • 第6章 姿勢反射と平衡反応
  • 第7章 眼球運動の抑制と前庭系制御
  • 第8章 運動と視覚と両側の統合
  • 第9章 学習障害児の神経心理学的評価
  • 第10章 学習が上手にできない子どもの反応
  • 第11章 評価と治療的援助

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感覚運動の発達と学習障害 : 子どもの神経行動の理解
著作者等 Morrison, Delmont C
今塩屋 隼男
海塚 敏郎
坂本 龍生
モリソン デルモント C.
書名ヨミ カンカク ウンドウ ノ ハッタツ ト ガクシュウ ショウガイ
書名別名 Neurobehavioral and perceptual dysfunction in learning disabled children
出版元 学苑社
刊行年月 1987.8
ページ数 206p
大きさ 21cm
ISBN 4761487054
NCID BN01567672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87050207
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想