近代合理主義の成立 : マックス・ヴェーバーの西洋発展史の分析

W.シュルフター 著 ; 嘉目克彦 訳

[目次]

  • 1 序論
  • 2 マックス・ヴェーバーの普遍史的問題(特珠現象としての西洋資本主義
  • 特殊現象としての西洋合理主義)
  • 3 西洋の発展史としてのマックス・ヴェーバー社会学の哲学的背景(新カント派の価値論との関連
  • 価値葛藤理論としての価値論)
  • 4 西洋の発展史としてのマックス・ヴェーバー社会学の実質的内容(根本仮定と基礎概念
  • 社会的構造原理)
  • 5 法の類型と支配の類型(支配社会学と法社会学の結合
  • 支配類型論と行為類型論)
  • 6 歴史的説明の問題-近代西洋への移行における宗教改革の役割(宗教社会学の手掛り
  • 宗教と経済の関係の比較研究における移行の分析)
  • 7 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代合理主義の成立 : マックス・ヴェーバーの西洋発展史の分析
著作者等 Schluchter, Wolfgang
嘉目 克彦
シュルフター W.
書名ヨミ キンダイ ゴウリ シュギ ノ セイリツ
書名別名 Die Entwicklung des okzidentalen Rationalismus

Kindai gori shugi no seiritsu
出版元 未来社
刊行年月 1987.11
ページ数 361, 20p
大きさ 22cm
NCID BN0156640X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88013619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想