フィギュール  3

ジェラール・ジュネット 著

今や文学記号論の第一人者ともいうべき著者が、文学の一般的法則の探究としての詩学(ポエティック)と個々のテクストの個別性を追究する批評(クリティック)とを峻別し、自らの方法論を確立した《フィギュール》シリーズ総決算の書。原著刊行時バルトによって「極度の慎み深いよそおいのもとに一種幻想的な力を秘めている」と評された、著者の《詩学宣言》ともいうべき四論文に、著者が自らの記号論への道程を語る長篇インタヴューと、翻訳監修者による綿密なジュネット論をも付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 批判と詩学
  • 詩学と歴史
  • 限定された修辞学
  • プルーストにおける換喩
  • ポエティックの過去と現在-インタヴュー/大浦康介
  • ジェラール・ジュネット覚書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィギュール
著作者等 Genette, Gérard
和泉 涼一
大浦 康介
小田 淳一
矢橋 透
神郡 悦子
花輪 光
天野 利彦
ジュネット ジェラール
書名ヨミ フィギュール
シリーズ名 叢書記号学的実践 9
巻冊次 3
出版元 風の薔薇
刊行年月 1987.4
ページ数 286p
大きさ 22cm
ISBN 4891762055
NCID BN0156616X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87051500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想