生殖革命

マリ=アンジュ・ダドレール, マルセル・トゥラード 著 ; 林瑞枝, 磯本輝子 訳

試験管ベビー、代理母、男女産分け…「神の領域」に踏み込んだ人工生殖技術の問題点を探り科学の進歩がもたらした衝撃を追求する。体験者200人への直接取材による最新レポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 試験管ベビー(子どもが欲しい
  • 卵の提供
  • 受精卵とドル
  • SFから現実へ)
  • 2 父親(苦しみ
  • 秘密
  • 精液の提供
  • 母親が二人、父親はいない)
  • 3 愛とお金と(マルセイユの代理母
  • 幻滅
  • アメリカの代理母たち)
  • 4 生まれるべきか、生まれざるべきか(健全な子どもとは
  • ダウン症児セリーヌ
  • サルジニア-遺伝病との闘い)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生殖革命
著作者等 Adler, Marie-Ange d'
Teulade, Marcel
林 瑞枝
磯本 輝子
トゥラード マルセル
ダドレール マリ・アンジュ
書名ヨミ セイショク カクメイ
書名別名 Les sorciers de la vie

問われる生命倫理
出版元 中央公論社
刊行年月 1987.10
ページ数 292p
大きさ 20cm
ISBN 4120016226
NCID BN01565837
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88006567
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想