装飾と罪悪 : 建築・文化論集

アドルフ・ロース 著 ; 伊藤哲夫 訳

[目次]

  • ウィーン・プラターのロトンダ展示会場において展示された室内空間について
  • デラックスな馬車について
  • 建築材料(マテリアル)について
  • 被覆の原則について
  • ポチョムキンの都市
  • 建築における新・旧の二つの方向
  • 馬具職人
  • ウィーンにおける最も素晴らしい内部空間-最も美しい散歩道
  • 余計なこと(ドイツ工作連盟)
  • 文化の堕落について
  • 装飾と罪悪
  • ミヒャエル広場に面して建つ建物についての二つの覚え書とその補章
  • 建築について
  • 私の建築学校
  • ベートーヴェンの病める耳
  • カール・クラウス
  • 郷土芸術について
  • ペーター・アルテンベルクとの別れにあたって
  • 住まうことを学ぼう
  • シカゴ・トリビューン新聞社社屋-柱(コラム)としての建築
  • アーノルト・シェーンベルクと同時代人達
  • 近代の集合住宅
  • ヨーゼフ・ファイリッヒ
  • オスカー・ココシュカ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 装飾と罪悪 : 建築・文化論集
著作者等 Loos, Adolf
伊藤 哲夫
ロース アドルフ
書名ヨミ ソウショク ト ザイアク
出版元 中央公論美術
刊行年月 1987.9
ページ数 215p
大きさ 26cm
ISBN 4805501626
NCID BN01561949
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88004172
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想