孤独なる群衆

D.リースマン 著 ; 佐々木徹郎, 鈴木幸寿, 谷田部文吉 共訳

[目次]

  • 目次
  • 日本語版序
  • 第一部 性格 / p1
  • 第一章 性格と社會のいくつかの類型 / p2
  • 一 性格と社會 / p4
  • 二 性格論的鬪い / p33
  • 第二章 道德からモラールへ-性格形成者の變化 / p41
  • 一 進達の役割變化 / p42
  • 二 敎師の役割變化 / p62
  • 第三章 同輩の陪審員-性格形成者の變化(續き) / p77
  • 一 內的志向の段階における同輩集團 / p77
  • 第四章 技術の敎師としての語り手-性格形成者の變化(續き) / p98
  • 一 傳統志向の段階における歌と物語 / p101
  • 二 內的志向の段階における社會化機能 / p103
  • 三 他人志向の段階におけるマス・メディア / p115
  • 第五章 內的志向型の生活周期 / p131
  • 一 働いている人間 / p133
  • 二 快樂の餘興 / p139
  • 三 自己是認への鬪い / p148
  • 第六章 他人志向型的生活の周期-見えざる手から觀迎の手へ / p151
  • 一 經濟的問題-人間の要素 / p152
  • 二 銀河 / p164
  • 第七章 他人志向型的生活の周期(續き)-夜の交替時間 / p168
  • 一 食物と性の象徴的意味の變化 / p169
  • 二 通俗文化の消費様式の變化 / p177
  • 三 二つの型の比較 / p189
  • 第二部 政治 / p193
  • 第八章 傳統志向型、內的志向型および他人志向型のスタイル、無關心者、道學者、內幕情情屋 / p194
  • 一 無關心者 / p197
  • 二 道學者 / p205
  • 三 內幕情報屋 / p216
  • 第九章 政治的信念-憤慨と寬容 / p227
  • 一 消費の對象としての政治 / p229
  • 二 寬容の敎師としてのメディア / p232
  • 三 メディアは政治から逃避するか / p238
  • 四 憤慨の貯藏所 / p242
  • 五 「夢の中に責任は開始する」 / p247
  • 第十章 權力の幻想 / p251
  • 一 指導者と被指導者 / p252
  • 二 權力の所有者は誰か / p260
  • 第十一章 アメリカ人とクワキュトル人 / p276
  • 第三部 自主性 / p292
  • 第十二章 適應か自主性か / p292
  • 一 適應型、アノミック型、自主型 / p294
  • 二 內的志向型のなかの自主型 / p304
  • 三 他人志向型のなかの自主型 / p311
  • 第十三章 僞の人格化-勞働上の自主性にたいする障碍 / p319
  • 勞働の文化的規定 / p320
  • 二 魔力を起す人、羽根布團に休む者、必要不可缺な人物 / p323
  • 三 人格化しすぎた社會 / p330
  • 第四章 强いられた孤立化-遊戲における自主性にたいする障碍 / p338
  • 一 社交性の否認 / p339
  • 社交性と婦人の孤立化 / p343
  • 三 包装された社交性 / p346
  • 第十五章 能力の問題-遊戲における自主性にたいする障碍(續き) / p349
  • 一 遊戲は必要なことである / p350
  • 二 能力の形態 / p354
  • 三 本職の勸誘員 / p366
  • 四 子供市場の解放 / p368
  • 第十六章 自主性とユートピア / p371
  • 譯者あとがき / p381

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 孤独なる群衆
著作者等 Denney, Reuel
Glazer, Nathan
Riesman, David
佐々木 徹郎
谷田部 文吉
鈴木 幸寿
D.リースマン
書名ヨミ コドクナル グンシュウ
出版元 みすず書房
刊行年月 1955
ページ数 383p
大きさ 19cm
NCID BN01549014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55002502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想