メソポタミア建築序説 : 門と扉の建築術

ムアイヤッド・S.B.ダメルジ 著 ; 高世富夫, 岡田保良 編訳

豊富な図版と、懇切な解説を添えて綴る、メソポタミア遺跡案内。門と扉に注がれた古代人の叡知。古代遺跡への新たな視点。文明の原流古代メソポタミアの建築を綴る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 室の形状と扉のあり方
  • 第2章 扉と門の平面形と造り
  • 第3章 扉板とその機構
  • 第4章 市門と区域門
  • 補論 バビロンの穹窿建物について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メソポタミア建築序説 : 門と扉の建築術
著作者等 Damerji, Muayad Said Basim
岡田 保良
高世 富夫
ダメルジ ムアイヤッド・S.B.
書名ヨミ メソポタミア ケンチク ジョセツ
書名別名 Die Entwicklung der Tür und Torarchitektur in Mesopotamien
出版元 国士館大学イラク古代文化研究所
刊行年月 1987.11
ページ数 323p
大きさ 27cm
ISBN 4930821886
NCID BN01548372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88005402
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想