性格の診断 : プロジェクティブテクニック

外林大作 著

[目次]

  • 性格の診断 もくじ
  • はしがき
  • I 総説
  • 一、パーソナリティの研究者たち / p3
  • 二、人格の研究法 / p14
  • 三、人格の理論 / p23
  • 四、投映法の仮設 / p51
  • 五、投映法の現段階 / p60
  • II 漠然とした模様-ロールシャッハ検査法-
  • 一、検査法の概要 / p71
  • 二、実施法 / p72
  • 三、整理とその分類の記号 / p76
  • (1) 場所 / p76
  • (2) 規定因 / p78
  • (3) 内容 / p81
  • (4) 独創性と一般性 / p82
  • (5) 整理の概要 / p82
  • 四、解釈とその問題 / p83
  • (1) 反応の場所についての解釈 / p84
  • (2) 接近の仕方 / p89
  • (3) 規定因の解釈 / p91
  • (4) 体験型 / p99
  • (5) 反応内容についての解釈 / p103
  • (6) その他の要因による解釈 / p104
  • 五、ロールシャッハ図形の形態的特性 / p106
  • III 空想的物語-TAT-
  • 一、TATの概要 / p115
  • 二、どんな絵がよいか / p116
  • 三、実施法と記録の仕方 / p124
  • 四、分析法 / p127
  • (1) 形式分析 / p127
  • (2) 内容分析 / p134
  • 五、人格論 / p145
  • IV 模写-ゲスタルト検査-
  • 一、模写検査 / p153
  • 二、ベンダーのゲスタルト検査 / p155
  • (1) 実施法 / p155
  • (2) パスカルの採点法 / p159
  • (3) 理論的背景 / p186
  • 三、解釈の諸問題 / p189
  • (1) 反覆について / p189
  • (2) ウォーミング・アップ / p193
  • V 人物画法
  • 一、人物画法の意義 / p199
  • 二、実施法 / p200
  • 三、解釈法 / p209
  • (1) かく順序 / p214
  • (2) 象徴的解釈 / p217
  • VI 指筆法
  • 一、指筆法の意義 / p241
  • 二、指筆法の準備と教示法 / p244
  • 三、ナポリの解釈法 / p248
  • 四、実施法についての一考察 / p261
  • VII 色と形-形態色検査法-
  • 一、実施法 / p273
  • 二、解釈法概要 / p278
  • (1) 色をぬる順序 / p281
  • (2) 形態の構造 / p287
  • (3) 色の選択 / p292
  • (4) 移行 / p295
  • 三、色の投映的意味 / p297
  • 四、形態の解釈 / p308
  • VIII モザイック法
  • 一、実施法 / p311
  • 二、形態の分類 / p316
  • (1) 模写的に表現された図案 / p316
  • (2) 概念的図案 / p319
  • (3) 抽象的図柄 / p319
  • 三、形態の発達的差異 / p326
  • IX 心理劇
  • 一、心理劇の演出法 / p335
  • (1) 舞台装置 / p341
  • (2) 監督と補助自我 / p344
  • (3) 観衆 / p351
  • 二、役割 / p353
  • 三、診断法としての心理劇 / p358
  • 参考文献 / p1
  • 索引 / p1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 性格の診断 : プロジェクティブテクニック
著作者等 外林 大作
書名ヨミ セイカク ノ シンダン : プロジェクティブ テクニック
出版元 牧書店
刊行年月 1961
版表示 新版
ページ数 367p 図版
大きさ 22cm
NCID BN01546162
BN09785484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61006591
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想