原子物理学

荒木源太郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第1章 原子論発展の史的展望
  • 1. 古代の原子論 / p1
  • 2. 単子論 / p4
  • 3. 原子論の科学的な発展 / p6
  • 4. 分子 / p8
  • 5. 原子の構成要素 / p10
  • 文献1 / p13
  • 第2章 電子 その質量と電荷
  • 1. 陰極線 / p16
  • 2. 熱電子 / p20
  • 3. 光電子 / p22
  • 4. β粒子 / p24
  • 5. 水滴によるeの測定 / p30
  • 6. ミリカンのeの測定 / p33
  • 文献2 / p37
  • 第3章 X線 その波動性
  • 1. X線の発見 / p39
  • 2. ラウエはん点 / p42
  • 3. 空間格子による波の散乱 / p44
  • 4. シルビンおよび岩塩によるX線の散乱 / p47
  • 5. X線の光学的性質とeの決定 γ線 / p50
  • 文献3 / p53
  • 第4章 光の粒子性と電子の波動性
  • 1. 光電効果 / p55
  • 2. 光子 / p58
  • 3. コンプトン散乱 / p62
  • 4. 光子の確率的挙動 / p69
  • 5. 陰極線の波動性 / p73
  • 文献4 / p76
  • 第5章 スペクトル系列 その規則性
  • 1. スペクトル / p79
  • 2. 水素のスペクトル系列 / p81
  • 3. スペクトル項 / p84
  • 4. スペクトル項の多重性 / p89
  • 5. 量子数 / p93
  • 6. 選択規則 スペクトル線の強さ / p96
  • 文献5 / p98
  • 第6章 原子 その準位と構造
  • 1. ラザフォード模型 / p101
  • 2. Zの測定 / p105
  • 3. エネルギー準位 / p107
  • 4. フランク・ヘルツの実験 / p111
  • 5. エネルギー固有値問題 / p114
  • 6. アルカリ原子 / p119
  • 7. 電子のスピン / p121
  • 8. アルカリ準位の二重性 / p124
  • 9. ゼーマン効果 / p127
  • 10. シュテルン・ゲルラッハの実験 / p133
  • 11. 電子配置 / p136
  • 12. エネルギー準位の多重構造 / p144
  • 13. X線スペクトル系列 / p151
  • 14. X線準位 / p160
  • 15. X線による電子の遷移 / p166
  • 16. 対生成と対消滅 / p171
  • 17. 発光原子の寿命と準位の幅 / p174
  • 18. スペクトル線の幅と波列の長さ / p182
  • 19. 準位の幅によるスペクトル線の自然幅 / p186
  • 20. いろいろな原因でおこるスペクトル線の幅 / p189
  • 文献6 / p196
  • 付録
  • I. 元素の周期表 / p202
  • II. 定数表 / p204
  • III. 単位 / p205
  • IV. ギリシャ文字 / p206
  • 索引
  • 人名索引 / p207
  • 事項索引 / p212

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 原子物理学
著作者等 荒木 源太郎
書名ヨミ ゲンシ ブツリガク
出版元 培風館
刊行年月 1963
ページ数 217p
大きさ 22cm
NCID BN01544098
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63009865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想