実験科学の精神

高田誠二 著

自然に働きかけ自然から情報を生産する実験。この実験の正体・本質とは何なのだろうか。本書は、科学史の中で時代の転換点となった実験家達の仕事を通して、実験の精神がどのような変遷をたどってきたかを考察し、現在、どのように実験とつき合っていくべきかを探ろうとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 実験を育んだ風土
  • 2章 納得し納得させるための実験
  • 3章 実験の技法と素材-その情報の蓄積と交流
  • 4章 実験科学の成熟
  • 終章 実験科学と社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 実験科学の精神
著作者等 高田 誠二
書名ヨミ ジッケン カガク ノ セイシン
書名別名 Jikken kagaku no seishin
シリーズ名 科学精神の冒険 1
出版元 培風館
刊行年月 1987.10
ページ数 275, 7p
大きさ 19cm
ISBN 4563020516
NCID BN01537569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88002810
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想