資本論綱要 : 他四篇

向坂逸郎 訳編

標題紙, 表紙にはマルクス, エンゲルス著とあり

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 「資本論」第一卷綱要(エンゲルス) / p11
  • 第一卷 資本の生產過程 / p13
  • 第一篇 商品と貨幣 / p13
  • 第一章 商品それ自體 / p13
  • 第二章 商品の交換過程 / p16
  • 第三章 貨幣または商品流通 / p18
  • A 價値の尺度 / p18
  • B 流通手段 / p20
  • a 商品の變態 / p20
  • b 貨幣の通用 / p22
  • c 鑄貨-價値表章 / p23
  • C 貨幣 / p25
  • a 貨幣退藏 / p25
  • b 支拂手段 / p26
  • c 世界貨幣 / p28
  • 第二篇 貨幣の資本への轉化 / p29
  • 第一章 資本の一般定式 / p29
  • 第二章 一般定式の矛盾 / p33
  • 第三章 勞働力の買いと賣り / p37
  • 第三篇 絕對的剰餘價値の生產 / p40
  • 第一章 勞働過程と價値增殖過程 / p40
  • 第二章 不變資本と可變資本 / p43
  • 第三章 剰餘價値率 / p46
  • 第四章 勞働日 / p47
  • 第五章 剰餘價値の率と量 / p53
  • 第四篇 相對的剰餘價値の生產 / p56
  • 第一章 相對的剰餘價値の槪念 / p56
  • 第二章 協業 / p57
  • 第三章 分業と工場手工業 / p63
  • 第四章 機械裝置と大工業 / p69
  • a 機械裝置その自體 / p69
  • b 機械裝置による勞働力の領有 / p72
  • c 古典的形態における工場全體 / p76
  • c'或はd 工場體制及び機械に對する勞働者の鬪爭 / p78
  • c"或はe 機械と剰餘價値 / p80
  • 第五章 剰餘價値の生產に關するさら進んだ硏究 / p83
  • 「資本論」第一卷について(エンゲルス) / p85
  • 一 『資本論』と俗流經濟學 / p87
  • 二 資本とは何か / p91
  • 三 社會主義の科學的基礎 / p96
  • 四 社會變革と歷史科學 / p99
  • 五 『資本論』における二つの傾向 / p102
  • 六 『資本論』の『事實的材料』 / p105
  • 七 マルクスの『資本論』 / p108
  • 「資本論」斷片(マルクス) / p119
  • 第一卷 資本の生產過程 / p121
  • 第六章 直接的生產過程の結果 / p121
  • 一 剰餘價値の生產としての資本主義的生產 / p122
  • 資本の下への勞働の形式的包攝 / p182
  • 資本の下への勞働の實質的包攝或は特殊的に資本主義的な生產樣式 / p188
  • 資本の下への勞働の形式的包攝に關する補遺 / p189
  • 資本の下への勞働の實質的包攝 / p203
  • 生產的及び非生產的勞働 / p207
  • 總生產物と剰餘生產物 / p222
  • 資本の神祕化、その他 / p225
  • 二 資本主義的生產は特殊的に資本主義的な生產關係の生產及び再生產である / p234
  • 直接的生產過程の結果 / p242
  • 三 資本の生産物としての商品 / p244
  • 四 斷稿 / p279
  • 坑夫 / p306
  • 「資本論」第三卷について(エンゲルス) / p309
  • 「經濟學批判」について(エンゲルス) / p313

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 資本論綱要 : 他四篇
著作者等 Engels, Friedrich
Marx, Karl
向坂 逸郎
書名ヨミ シホンロン コウヨウ
書名別名 Shihonron koyo
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1953
ページ数 327p
大きさ 15cm
NCID BN01532962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53004712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「經濟學批判」について エンゲルス
「資本論」斷片 マルクス
「資本論」第一卷について エンゲルス
「資本論」第一卷綱要 エンゲルス
「資本論」第三卷について エンゲルス
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想