地域計画と防火

室崎益輝 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 1
  • 第1章 地域防火計画研究序説
  • 1 地域防火計画と研究 / 1
  • (1) 地域防火計画の性格 / 1
  • (2) 地域防火計画研究の性格 / 4
  • 2 地域防火計画研究の課題と方法 / 7
  • (1) 研究の視点 / 7
  • (2) 研究の課題 / 8
  • (3) 研究の方法 / 14
  • 第2章 火災危険の地域構造
  • 1 火災の構造 / 19
  • (1) 火災の機構 / 19
  • (2) 火災危険と地域条件 / 22
  • 2 市町村別にみた火災危険 / 24
  • (1) 市町村別分析の目的と方法 / 24
  • (2) 地域条件別にみた火災危険 / 26
  • (3) 地域類型別にみた火災危険 / 31
  • 3 地区別にみた火災危険 / 37
  • (1) 地区別分析の目的と方法 / 37
  • (2) 類型別にみた火災危険 / 37
  • 第3章 火災条件と対策条件の実態
  • 1 地域防火調査の意義と課題 / 41
  • (1) 地域防火調査の重要性 / 41
  • (2) 地域防火調査の内容 / 42
  • (3) 地域防火調査の目的と課題 / 43
  • (4) 地域防火調査の具体化 / 44
  • 2 木造アパート密集地域の火災危険と火災条件 / 45
  • (1) 調査研究の目的と方法 / 46
  • (2) 火災条件の実態把握 / 49
  • (3) 火災危険の統計解析 / 59
  • (4) 火気の実態把握と出火危険の予測 / 66
  • (5) 延焼条件の実態と延焼危険の予測 / 73
  • (6) 要対策地区の摘出 / 80
  • (7) 防火整備の方向性 / 81
  • 3 農山漁村地域の火災危険と対策条件 / 84
  • (1) 調査研究の目的と方法 / 85
  • (2) 火災危険と対策条件の実態 / 90
  • (3) 防火要求と防火実践の実態 / 99
  • (4) 防火整備の方向性 / 106
  • 第4章 広域避難計画と要避難人員
  • 1 地域行動と広域避難計画研究 / 109
  • (1) 地域行動と広域避難 / 109
  • (2) 人間行動解明の課題 / 112
  • (3) 社会行動解明の課題 / 115
  • 2 郊外住宅地区における要避難人員 / 117
  • (1) 滞留人口把握の方法 / 117
  • (2) 調査研究の目的と方法 / 118
  • (3) 街路人員の実態 / 121
  • (4) 施設利用人員および在宅人員の実態 / 124
  • (5) 昼間の要避難人員の把握 / 125
  • (6) まとめ / 128
  • 3 都心業務・商業地区における要避難人員 / 129
  • (1) 滞留人口実態からみた要避難人員 / 129
  • (2) 用途別床面積から求めた要避難人員 / 132
  • (3) まとめ / 139
  • 第5章 建設活動の実態と不燃化誘導方策
  • 1 不燃化対策と不燃化研究の課題 / 141
  • (1) 不燃化対策の課題 / 141
  • (2) 不燃化研究の課題 / 144
  • 2 不燃化対策からみた建設活動 / 146
  • (1) 分析の目的と方法 / 147
  • (2) 建設主体の建設活動 / 148
  • (3) 地域の建設活動 / 155
  • (4) 不燃化誘導対策の方向性 / 166
  • 3 密集住宅地における建物改善 / 170
  • (1) 調査研究の目的と方法 / 171
  • (2) 建物改善経歴の実態 / 174
  • (3) 建物改善志向の実態 / 177
  • (4) 不燃化施策対応の実態 / 180
  • (5) 木造密集住宅地不燃化の方向性 / 184
  • 第6章 対策主体の防火実践と意識
  • 1 防火意識調査の意義と課題 / 187
  • (1) 防火意識と防火意識調査 / 187
  • (2) 防火意識調査の意義 / 188
  • (3) 防火意識調査の課題 / 188
  • (4) 地域防火管理計画への展望 / 190
  • 2 都市の住宅地域における住民の防火実践と防火意識 / 190
  • (1) 調査研究の目的と方法 / 191
  • (2) 防火実践の実態 / 197
  • (3) 防火意識の実態 / 206
  • (4) 防火実践・防火意識の規定要因 / 224
  • (5) まとめ / 231
  • 3 農山漁村地域における消防力と消防担当者の防火意識 / 234
  • (1) 調査研究の目的と方法 / 235
  • (2) 消防力の実態 / 236
  • (3) 防火実践の実態 / 244
  • (4) 防火意識の実態 / 251
  • (5) 改善志向 / 263
  • (6) まとめ / 266
  • 第7章 地域防火計画への提言
  • 1 地域防火計画の方向性 / 271
  • (1) 地域空間構造の組み替え / 272
  • (2) 被災基盤の段階的解消 / 273
  • (3) 地域変容と地域行動のコントロール / 275
  • (4) 沈殿層に対する公的介入 / 276
  • (5) 誘導型計画手法の活用 / 277
  • (6) 地域防火環境基準の策定 / 280
  • (7) 地域防火管理システムの確立 / 281
  • 2 地域防火対策の総合システム / 283
  • (1) 対策の体系化 / 283
  • (2) 空間的総合化と時間的総合化 / 286
  • 3 防火対策における都市計画と消防 / 290
  • (1) 都市計画の問題点と役割 / 290
  • (2) 消防の役割と課題 / 297
  • あとがき / 305

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地域計画と防火
著作者等 室崎 益輝
書名ヨミ チイキ ケイカク ト ボウカ
書名別名 Chiiki keikaku to boka
出版元 勁草書房
刊行年月 1981.6
ページ数 306p
大きさ 22cm
NCID BN01519942
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
81032377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想