天皇制の理論と歴史

菅 孝行【編】

[目次]

  • 1 天皇制権力の普遍性と特殊性(歴史の中の天皇制-「万邦無比」の意味するもの
  • ドイツ・ファシズムと近代天皇制
  • 「アジア的専制」と近代天皇制)
  • 2 歴史の中の天皇・天皇制-古代から近代まで(律令国家における賎民と天皇
  • 中世の天皇制-近代における天皇の文化史的淵源
  • 近代天皇制前夜における神秩序をめぐる相剋-天皇の神秩序と民衆の神秩序)
  • 3 近代国家と天皇(維新国家における天皇
  • 軍人勅諭と教育勅語
  • 天皇制国家の軍事機構
  • 沖縄における天皇制イデオロギーの形成
  • 台湾における皇民化政策
  • 朝鮮における皇民化政策
  • 天皇の死んだ日-明治、大正、そして
  • 15年戦争下の天皇制
  • ファシズム教育と天皇制イデオロギー-「御真影奉護」を中心として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇制の理論と歴史
著作者等 菅 孝行
書名ヨミ テンノウセイノリロントレキシ
シリーズ名 叢論 日本天皇制 2
出版元 柘植書房
刊行年月 1987.9.20
ページ数 337p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN01511441
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想