古代の恋愛生活 : 万葉集の恋歌を読む

古橋信孝 著

万葉集の歌を中心に読み解きながら、当時の恋愛生活のさまざまな具体的ルールを発見する試み。出会いや逢引の場所、通い道にはきまりがあり、昼間の逢引は禁忌であった。共寝には一定の手続きが必要とされた。それぞれには、古代人の世界観にもとづく理由が存在していたことも明らかにされる。古代文学研究の新しい旗手が、近代的感性からの類推を排して、歴史学や民俗学の空白領域にきりこむ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 古代の恋愛と結婚(古代の結婚の用語
  • 結婚の意味
  • 恋愛と結婚)
  • 1 結婚の起源神話(イザナキ・イザナミの神婚
  • 天孫と木ノ花咲ヤ姫との結婚
  • 三輪山神婚神話
  • 山幸彦と豊玉姫との結婚)
  • 2 出逢い
  • 3 逢い引きの使
  • 4 逢い引きの時間
  • 5 逢い引きの場所
  • 6 恋の通い道
  • 7 共寝の姿
  • 8 恋の呪術
  • 9 恋の終わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代の恋愛生活 : 万葉集の恋歌を読む
著作者等 古橋 信孝
書名ヨミ コダイ ノ レンアイ セイカツ
シリーズ名 万葉集 536
NHKブックス 536
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1987.10
ページ数 234p
大きさ 19cm
ISBN 4140015365
NCID BN01492110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88006826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想