商売往来の世界 : 日本型「商人」の原像をさぐる

三好信浩 著

元禄時代、商人の子どもの手習い・算術のための『商売往来』が、大坂から出版された。以来、その有用性が評価されるとともに、民衆の手によって増補・改訂がなされた『商売往来』は、明治の半ばに至るまで、当時の商人たちのテキストとなり、彼らの道標となり続けた。その『商売往来』の変遷を辿るとき、今日隆盛をきわめる通商国家日本を支える、日本型商人の原像が浮かび上がってくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本型「商人」の原像をさぐる
  • 第1章 『商売往来』の再発見(三次に眠る元禄本
  • 堀流水軒という人
  • 元禄という時代
  • "俗中の一大奇書")
  • 第2章 江戸時代の『商売往来』と商人たち(目ざましい普及
  • 元禄本の踏襲形態
  • "商売往来これで沢山"
  • 派生本の数々
  • 寺子屋と『商売往来』)
  • 第3章 明治時代の『商売往来』と経済人たち(目ざましい変容
  • 特変本作家の群像
  • "古き革袋に新しき酒"
  • 近代教科書との相克
  • 『商売往来』の終えん)
  • 第4章 日本商人の学習記録(学習観の変化した部分
  • 学習観の変わらない部分
  • 保守と革新のはざまで
  • 日本商人の学習成果)
  • 結章 日本型ビジネスマンの誕生

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 商売往来の世界 : 日本型「商人」の原像をさぐる
著作者等 三好 信浩
書名ヨミ ショウバイ オウライ ノ セカイ
シリーズ名 NHKブックス 537
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1987.10
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 4140015373
NCID BN01491978
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88006691
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想