駅の社会史

原田勝正 著

明治初年、久米邦武がそこに近代文明の象徴を見出し、夏目漱石が近代社会における人間関係のあり方を悟った駅というものは、日本の近代化の本質をよく表わしている。駅は人が集まり、人が散っていく結節点であって、次の行動への「幕間」ともいえる。明治5年の鉄道開通にはじまり、大衆化現象を先取りしつつ変貌してきた駅も敗戦で一頓挫し、戦後は新しい展開をとげている。駅の変遷を辿って、日本近代化の特質を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-二つの「文明開化」の眼から見た駅(岩倉大使一行の見た駅
  • 夏目漱石の洞察力)
  • 1 馬の駅から汽車の駅へ
  • 2 大衆化・大量化現象の先駆-近代化の先取り
  • 3 利用者の要求への対応-駅の改良
  • 4 改良挫折の要因-戦争と駅
  • 5 移動の拠点と公共の空間-戦後の駅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 駅の社会史
著作者等 原田 勝正
書名ヨミ エキ ノ シャカイシ
書名別名 日本の近代化と公共空間
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1987.10
ページ数 216p
大きさ 18cm
ISBN 4121008553
NCID BN01491526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88006703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想