哲学と科学の源流 : ギリシア思想家群像

山川偉也 著

今日みられるヨーロッパ的科学・技術の世界支配が成立する母体となったギリシア人の哲学と科学、およびその人間観との批判的対決を通して、人類の未来を望見する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 コスモスからの出発
  • 2 ミレトスの眺望
  • 3 タレスとその後継者たち
  • 4 ピュタゴラスとその学徒たち
  • 5 クセノファネスとヘラクレイトス
  • 6 パルメニデスの挑戦
  • 7 ゼノンの逆理と多元論者たちの応答
  • 8 ソフィストとソクラテス
  • 9 プラトン-政治思想とイデア論
  • 10 アリストテレス-存在・自然・人間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学と科学の源流 : ギリシア思想家群像
著作者等 山川 偉也
書名ヨミ テツガク ト カガク ノ ゲンリュウ
書名別名 Tetsugaku to kagaku no genryu
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 1987.10
ページ数 278, 13p
大きさ 19cm
ISBN 4790703231
NCID BN01489794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88039348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想