兵役を拒否した日本人 : 灯台社の戦時下抵抗

稲垣真美 著

昭和14年、ほぼ時を同じくして3人の兵士が上官に兵役拒否を申し出た。彼らが所属するキリスト教集団灯台社は、以後苛酷な弾圧にさらされる。兵役を拒否し、信仰を貫くという行為に直面して、戦争への道を疾走しはじめていた軍隊や国家は、どのような本質を露呈したか。関係者の証言や新資料により、抵抗者たちの生き方を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明石順三と灯台社
  • 2 灯台社の思想と最初の受難
  • 3 村本一生と明石真人の軍隊内兵役拒否
  • 4 特高の弾圧と灯台社の抵抗
  • 5 非転向者・転向者の明暗
  • 6 つらぬかれた非戦の立場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 兵役を拒否した日本人 : 灯台社の戦時下抵抗
著作者等 稲垣 真美
書名ヨミ ヘイエキ オ キョヒシタ ニホンジン
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1972
版表示 第10刷
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 4004150191
NCID BN01488215
BN12061427
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
71019898
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想