ヒトのガンはなぜ生じるか : 原因と発生のしくみを探る

永田親義 著

今日、ヒトの偶発ガン(自然発生ガン)の最大の原因としてタバコと食物・栄養が浮かび上がっている。タバコはともかく、食物・栄養という我々が生きるために最も必要なものが、なぜ、いかにして、ガンという最大の不利益をもたらすのだろうか?それにしても発ガン物質を大量に投与する動物実験を基礎にしたこれまでの思考パターンだけでは、ヒトのガンの原因は解明できないのではなかろうか。発ガンメカニズム探究の最前線からの報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ヒトにガンを作る因子にはどんなものがあるか
  • 2章 発ガン性をいかに説明するか
  • 3章 発ガンメカニズム研究の新しい展開
  • 4章 発ガンにおける活性酸素の役割
  • 5章 ヒトのガンの原因は何か
  • 6章 ヒトのガンの最大原因はタバコと食物・栄養
  • 7章 ガンの原因は活性酸素か
  • 8章 タバコと活性酸素
  • 9章 食物・栄養と活性酸素
  • 10章 発ガンと活性酸素の関わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトのガンはなぜ生じるか : 原因と発生のしくみを探る
著作者等 永田 親義
書名ヨミ ヒト ノ ガン ワ ナゼ ショウジルカ
書名別名 Hito no gan wa naze shojiruka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1987.4
ページ数 329, 6p
大きさ 18cm
ISBN 4061326848
NCID BN01487802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87034532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想