からだ:認識の原点

佐々木正人 著

既成心理学において忘れ去られていた「からだ」を発見し,認識と身体をむすぶ新しい認知科学のパラダイムを示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 認識の場としての「からだ」
  • 1章 見ることと動くからだ
  • 2章 ひろがりを描きだすからだ
  • 3章 イメージとからだ
  • 4章 記号としてのからだ
  • 終章 「からだ」をとりもどすために
  • 対談 『からだ:認識の原点』をめぐって(竹内敏晴・佐伯胖)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 からだ:認識の原点
著作者等 佐々木 正人
佐伯 胖
竹内 敏晴
書名ヨミ カラダ ニンシキ ノ ゲンテン
書名別名 Karada ninshiki no genten
シリーズ名 認知科学選書 15
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1987.11
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 413013065X
NCID BN01484757
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88007310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想