複線型雇用管理 : 設計・導入・運用のポイント

荻原勝 著

本書は、『日経連タイムス』に昭和61年7月から12月まで、20回にわたり、「複線型雇用管理の実践」と題して連載した記事に大幅に加筆修正したものである。複線型雇用管理の設計の方法と導入・運用上のポイントをできるだけ実務に即して解説するとともに、必要に応じて各社の事例を紹介した。また、少しでもわかりやすくなるよう、図表を適宜織り込んだ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 今なぜ複線型雇用管理が必要か
  • 1 コース別制度
  • 2 限定勤務地制度
  • 3 一般社員・契約社員制度
  • 4 社内公募制度
  • 5 管理職・専門職制度
  • 6 管理職定年制度
  • 7 選択定年制度
  • 8 進路選択制度
  • 9 再雇用制度
  • 10 退職女子雇用制度
  • おわりに 実践上のアドバイス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 複線型雇用管理 : 設計・導入・運用のポイント
著作者等 荻原 勝
書名ヨミ フクセンケイ コヨウ カンリ
出版元 日本経営者団体連盟弘報部
刊行年月 1987.7
ページ数 180p
大きさ 19cm
ISBN 4818587087
NCID BN01471110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87048999
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想