スペクタクルの60年代

渡辺淳 著

イヨネスコらの不条理演劇、ゴダールらの<ヌーベル・バーグ>、ロラン・バルトらの構造主義、5月革命など、<転形期>としての1960年代をフランスのスペクタクルを中心に語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 《不条理演劇》とその周辺
  • 《大衆芸能》の動向
  • 《ヌーベル・バーグ》と《シネマ=ベリテ》
  • 新しい《知のパラダイム》を求めて
  • 《民衆演劇》の様変わり
  • 《5月革命》とその後の動き
  • エピローグ 《ポスト60年代》を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スペクタクルの60年代
著作者等 渡辺 淳
書名ヨミ スペクタクル ノ ロクジュウネンダイ
書名別名 Supekutakuru no rokujunendai
シリーズ名 叢書演劇と見世物の文化史
出版元 平凡社
刊行年月 1987.4
ページ数 217p
大きさ 20cm
ISBN 4582260152
NCID BN01469571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87035929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想