上杉鷹山

横山昭男 著

財政改革・産業開発・倹約奨励・文教刷新等、藩政改革にすぐれた業績あげた米沢藩主上杉鷹山は、江戸時代における名君の一人としてその名を謳われる模範的封建領主である。本書は、戦後目ざましい発展をとげた藩政史研究の成果をふまえ、多年にわたる基礎史料の精査をもとに、この典型的名君の人と生涯に新たな照明をあてた斬新な伝記

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 生いたち
  • 第2 襲封以前
  • 第3 明和・安永の改革
  • 第4 産業の開発と統制
  • 第5 教学の振興
  • 第6鷹山の隠退
  • 第7 寛政の改革
  • 第8 殖産興業
  • 第9鷹山の思想と生活
  • 第10 鷹山の死とその後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 上杉鷹山
著作者等 横山 昭男
書名ヨミ ウエスギ ヨウザン
書名別名 Uesugi yozan
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.11
ページ数 343p
大きさ 19cm
ISBN 4642050981
NCID BN01467747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88005071
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想