支那税制史  第3巻 (唐代租税の研究)

吉田虎雄 著

書名は巻頭による 第1-2巻は大阪屋書店昭和17-18年刊

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 唐代租稅の硏究(支那稅制史第三卷)
  • 目次
  • 緖論 / p1
  • 第一節 租庸調 附 稅草 / p11
  • 一 稅率及び徴收法 / p13
  • 租庸調の收入額 / p23
  • 稅草 / p24
  • 二 租庸調と均田制 / p31
  • 三 租庸調の崩壊 / p40
  • 第二節 地稅 / p51
  • 一 地稅の目的と稅率及び徴收法 / p51
  • 二 地稅收入の濫用と義倉變造 / p54
  • 三 地稅收入と租庸調收入との比較 / p55
  • 第三節 戶稅 / p59
  • 一 戶稅の由來及びその特質 / p59
  • 二 稅率及び徴收法 / p66
  • 三 戶稅の收入とその用途 / p70
  • 第四節 色役及び資課 / p74
  • 一 總說 / p74
  • 二 色役の種種 / p83
  • 色役戶以外の資課 / p90
  • 三 貴族子弟の色役 / p93
  • 第五節 靑苗錢及び夏秋稅 / p95
  • 一 靑苗錢 / p95
  • 官吏の俸錢とその財源 / p98
  • 二 夏秋稅 / p109
  • 第六節 兩稅 / p112
  • 一 稅法改革の原因 / p112
  • 二 兩稅法の要項 / p119
  • 三 兩稅法實施後の情況 / p129
  • 絹價下落と農民負擔の增加 / p136
  • 四 兩稅反對論 / p142
  • 五 兩稅法は惡法に非ず / p147
  • 兩稅の收入額 / p153
  • 稅米の漕運 / p155
  • 第七節 鑛稅 / p165
  • 第八節 關稅 / p170
  • 第九節 茶稅 / p178
  • 第十節 專賣 / p187
  • 一 鹽專賣 / p187
  • (イ) 專賣以前の課稅 / p187
  • (ロ) 專賣制の實施 / p193
  • (ハ) 鹽制の紊亂 / p202
  • (ニ) 鹽制の整頓 / p207
  • (ホ) 私鹽犯法の取締 / p210
  • (ヘ) 專賣收入 / p212
  • 二 酒專賣 / p221
  • (イ) 專賣以前の課稅 / p221
  • (ロ) 專賣制の實施 / p221
  • 第十一節 雜稅 / p228
  • 一 率貸及び借商錢 / p228
  • 二 間架稅 / p231
  • 三 除陌錢 / p233
  • 四 埭程 / p234

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那税制史
著作者等 吉田 虎雄
書名ヨミ シナ ゼイセイシ
巻冊次 第3巻 (唐代租税の研究)
出版元 汲古書院
刊行年月 1973
ページ数 244, 10p
大きさ 22cm
NCID BN01463994
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
70026048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想