体系日本史叢書  15

鬼頭 清明【ほか著】

[目次]

  • 第1章 原始社会の生活(人類の誕生と先土器時代の生活
  • 縄文時代の生活とその変遷
  • 農耕文化の受容と発展
  • 弥生・古墳時代の生活)
  • 第2章 古代の生活(都の暮らし
  • 町と村の交流
  • 村の暮らし)
  • 第3章 中世の生活(都市の暮らし
  • 町と村の交流
  • 村の暮らし)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 第一章 原始社会の生活 / p1
  • 第一節 人類の誕生と先土器時代の生活 岡本東三 / p1
  • I 人類の誕生と日本最古の文化 / p1
  • II 先土器時代の生活とその変遷 / p8
  • 第二節 縄文時代の生活 岡本東三 / p17
  • I 狩猟採集社会の変革と縄文文化の特質 / p17
  • II 縄文時代のムラの形成とその生活 / p23
  • 第三節 農耕文化の受容と発展 黒崎直 / p37
  • I 水稲耕作の始まり / p37
  • II 水田とイネ / p44
  • III 農具の鉄器化と家畜力の利用 / p51
  • IV 灌漑技術の展開 / p57
  • 第四節 弥生・古墳時代の生活 黒崎直 / p64
  • I 木製品の製作 / p64
  • II 農民のムラと豪族のイエ / p70
  • 第二章 古代の生活 / p79
  • 第一節 都の暮らし 鬼頭清明 / p79
  • I 都の始まり / p79
  • II 平城京 / p94
  • III 平安京 / p122
  • IV 平安京の転換 / p138
  • 第二節 町と村の交流 平川南 鬼頭清明 / p152
  • II 民衆の旅 鬼頭清明 / p159
  • 第三節 村の暮らし 平川南 / p171
  • I 地方の役所 / p171
  • II 村人の生活 / p184
  • III 集落の形成 / p192
  • IV 仏と神への祈り / p202
  • 第三章 中世の生活 / p211
  • 第一節 都市の暮らし 今泉淑夫 / p211
  • I 鎌倉期から室町期へ / p211
  • II 室町時代の公家の生活 / p214
  • 第二節 町と村の交流 今泉淑夫 井原今朝男 / p288
  • I 海外との交流-貿易都市堺における生活の一断面- 今泉淑夫 / p288
  • II 旅の諸想 井原今朝男 / p310
  • III 交流の場 井原今朝男 / p323
  • IV 各地を歩く人びと 井原今朝男 / p339
  • 第三節 村の暮らし 黒田日出男 薗部寿樹 / p352
  • I 村人の姿 黒田日出男 / p352
  • II 村人の一日と一月 薗部寿樹 / p370
  • III 村人の一年 薗部寿樹 / p379
  • IV 村の時空 薗部寿樹 / p394
  • 附録
  • 索引 / p2
  • 参考文献 / p14
  • 図版所蔵・提供者一覧 / p18

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 体系日本史叢書
著作者等 今泉 淑夫
宝月 圭吾
小西 四郎
木村 礎
森末 義彰
鬼頭 清明
書名ヨミ タイケイ ニホンシ ソウショ
書名別名 生活史. 1
巻冊次 15
出版元 山川出版社
刊行年月 1994.7
ページ数 407, 18p
大きさ 22cm
ISBN 4634211505
NCID BN01451306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95036828
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
生活史. 1 鬼頭 清明
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想