琉球王国の構造

高良倉吉 著

中世(古琉球)における琉球王国の内部構造について「辞令書」という斬新な史料を駆使しつつ本格的な分析を加えた初の成果。琉球辞令書の体系的究明を目指す仕事であると同時に、従来の研究において等閑視されてきたところの琉球王国の内部制度を探り、その歴史的な位置・評価の再構成をめざす論点を鮮明に提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1 古琉球とその概念
  • 第2 辞令書と琉球王国
  • 第3 辞令書に見る王国制度(その1)
  • 第4 辞令書に見る王国制度(その2)
  • 第5 古琉球とその意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 琉球王国の構造
著作者等 高良 倉吉
書名ヨミ リュウキュウ オウコク ノ コウゾウ
書名別名 Ryukyu okoku no kozo
シリーズ名 中世史研究選書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1987.10
ページ数 267, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4642026533
NCID BN01439967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88001474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想