西洋の没落  第1巻

O.シュペングラー 著 ; 村松正俊 訳

本書は一般歴史哲学を取り扱っているのであるが、しかも一層深い意味において大きな時代に対する注釈となっている。本書の主要な観念は、この大きな時代の前兆の下に形づくられたのである。この表題は最も厳密な言葉通りの意味で、またギリシャ・ローマの没落を考察した上で、数世紀にわたる世界史の局面-われわれは現にその局面の初頭にいるのであるが-を表示するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒論 世界史の比較形態学の表
  • 第1章 数の意味について
  • 第2章 世界史の問題(観相学と体系学と
  • 運命理念と因果法則と)
  • 第3章 大宇宙(世界像の象徴的意義と空間問題と
  • アポルロン的、ファウスト的、マギ的精神)
  • 第4章 音楽と彫塑と(造形美術
  • 裸体と肖像と)
  • 第5章 魂の像と生命感情と(魂の形態について
  • 仏教、ストア主義、社会主義)
  • 第6章 ファウスト的自然認識とアポルロン的自然認識と

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西洋の没落
著作者等 Spengler, Oswald
村松 正俊
シュペングラー オスヴァルト
書名ヨミ セイヨウ ノ ボツラク
巻冊次 第1巻
出版元 五月書房
刊行年月 1989.5
版表示 〔完訳新装版〕
ページ数 393p
大きさ 22cm
ISBN 4772700943
NCID BN03398791
BN01439300
BN03552326
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90028058
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想