ゴシック建築とスコラ学

アーウィン・パノフスキー 著 ; 前川道郎 訳

盛期スコラ学の<大全=スンマ>のように、盛期ゴシックの大聖堂は、何よりも全体性を目指し、それゆえ、前除と綜合によって一つの完全で最終的な解決に近づいていった。それゆえわれわれは、他の時代において可能なよりもはるかに確信をもって、<その>盛期ゴシックの平面とか<その>盛期ゴシックの体系のことについて話すことができよう。その像においては盛期ゴシックの大聖堂は、キリスト教の神学的な道徳的な、自然的な、そして歴史的な知識の全体を具現することを求め、その際、それぞれをそれぞれの場所におき、もはやその場所を見いださないものは削除した。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴシック建築とスコラ学
著作者等 Panofsky, Erwin
前川 道郎
パノフスキー アーウィン
書名ヨミ ゴシック ケンチク ト スコラガク
書名別名 Gothic architecture and Scholasticism
シリーズ名 ヴァールブルク・コレクション
出版元 平凡社
刊行年月 1987.8
ページ数 221p
大きさ 20cm
ISBN 4582238114
NCID BN01437972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87055970
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想