マキャヴェリ

マルセル・ブリヨン 著 ; 生田耕作, 高塚洋太郎 訳

1469年、「素晴らしい人物」と後に呼ばれるロレンツォが、メディチ家の権力の座を継いだ年、その5月3日に、アルノー河の対岸のサンタフェリチタ区の小さな家でニッコロ・マキャヴェリは生まれた。「家柄は、かつては貴族であった。モンテスペルトリの領地を所有していたか、それともこの名の領主と縁つづきであった。グェルフィ党に熱烈な党員を送ったことから、追放の栄誉と不幸を背負いこむことになった。それは十三世紀末のことである。マキャヴェリ一門は、十三年間外国にとどまっただけで、許されて帰国した。その時以後、彼らはフィレンツェの行政府で謙虚に誠実に勤勉に下級官吏の職責を勤めてきた。トスカナのすぐれた家柄の出で、彼らは洗練された才智と、鋭敏な頭脳と、透徹した観察眼を持っていた。おそらく、人間にそれほど期待はかけていなかった。彼らはあまりにも多くのことを見てきたから!彼らは心からフィレンツェを愛し、市会の信頼によって得た様々な役職において、献身的に無私無欲に、都に仕えていた。」このつつましく善良な人々の間でなんの束縛もなく育ったマキャヴェリは、手あたりしだいに本を読んだ。古代、近代、ラテン語、ギリシャ語、そして歴史も、詩も、また街を歩き、お祭や悲しみや行列や処刑を見た。そして多くの群衆を見た。ブリヨンの筆は、後年のマキャヴェリの外交官としての精緻な頭脳と手腕、『君主論』に結実する独自な政治思想の発展、また失意のときの喜劇作家の一面を、多彩な人物との交流のなかに鮮かに把握している。

「BOOKデータベース」より

1469年、「素晴らしい人物」と後に呼ばれるロレンツォが、メディチ家の権力の座を継いだ年、その5月3日に、アルノー河の対岸のサンタフェリチタ区の小さな家でニッコロ・マキャヴェリは生まれた。ブリヨンの筆は、後年のマキャヴェリの外交官としての精緻な頭脳と手腕、『君主論』に結実する独自な政治思想の発展、また失意のときの喜劇作家の一面を、多彩な人物との交流のなかに鮮かに把握している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金権階級
  • 第2章 分裂したイタリア
  • 第3章 武器なき予言者
  • 第4章 古代の美風
  • 第5章 祖国に仕えて
  • 第6章 女国王
  • 第7章 フランス人
  • 第8章 マキャヴェリと君主の邂逅
  • 第9章 軍人法王
  • 第10章 戦術家マキャヴェリ
  • 第11章 皇帝登場
  • 第12章 同盟と密議
  • 第13章 メディチ家の帰還
  • 第14章 田舎暮しの外交官
  • 第15章 和解
  • 第16章 城砦司令官
  • 第17章 最後の悩み

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 金権階級
  • 分裂したイタリア
  • 武器なき予言者
  • 古代の美風
  • 祖国に仕えて
  • 女国主
  • フランス人
  • マキャヴェリと君主の邂逅
  • 軍人法王
  • 戦術家マキャヴェリ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第一章 金権階級 / p5
  • 第二章 分裂したイタリア / p21
  • 第三章 武器なき予言者 / p37
  • 第四章 古代の美風 / p54
  • 第五章 祖国に仕えて / p72
  • 第六章 女国主 / p86
  • 第七章 フランス人 / p98
  • 第八章 マキャヴェリと君主の邂逅 / p113
  • 第九章 軍人法王 / p140
  • 第十章 戦術家マキャヴェリ / p157
  • 第十一章 皇帝登場 / p172
  • 第十二章 同盟と密議 / p192
  • 第十三章 メディチ家の帰還 / p215
  • 第十四章 田舎暮しの外交官 / p232
  • 第十五章 和解 / p250
  • 第十六章 城砦司令官 / p269
  • 第十七章 最後の悩み / p285
  • 訳者あとがき / p301

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マキャヴェリ
著作者等 Brion, Marcel
生田 耕作
高塚 洋太郎
ブリヨン マルセル
マルセル・ブリヨン
書名ヨミ マキャヴェリ
出版元 みすず書房
刊行年月 1966
版表示 〔新装版〕
ページ数 302p 図版
大きさ 20cm
ISBN 4622005018
NCID BA40138222
BB28802484
BN01437440
BN07644721
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66004020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想