色彩論 : 色彩学の歴史

ゲーテ 著 ; 菊池栄一 訳

『色彩学のために』第三部の抄訳。光と色彩に関する人類三千年の経験と学説を検討、とりわけニュートン光学に対する反撃は鋭く激しい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 太古史のために
  • 第2篇 ギリシャ人とローマ人
  • 第3篇 中間時代
  • 第4篇 第十六世紀
  • 第5篇 第十七世紀
  • 第6篇 第十八世紀
  • 著者の告白

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 序言 / p19
  • 第一篇 太古史のために / p25
  • 第二篇 ギリシャ人とローマ人 / p29
  • 古代人の色彩學と色彩取扱いについての諸考察 / p29
  • テオフラストスの或いはむしろアリストテレスの色彩學 / p43
  • ギリシャ人及びローマ人の色彩名稱 / p65
  • 追補 / p70
  • 第三篇 中間時代 / p77
  • 間隙
  • 傳承せられたるもの
  • 權威
  • ローヂャ・ベーコン
  • 秘密ずき
  • 第四篇 第十六世紀 / p111
  • シモン・ポルティウス
  • ユリウス・ケーザル・スカリジェル
  • 中間考察
  • パラケルスス
  • 鍊金術師
  • 中間考察
  • ベルナルディヌス・テレシウス
  • ヒーロニムス・カルダヌス
  • ジャンバティスタ・
  • デラ・ポルタ
  • バーコ・フォン・ヴェルラム
  • 第五篇 第十七世紀 / p153
  • 全般的考察
  • ガリレオ・ガリレイ
  • ヨハン・ケプレル
  • ウィレブロルド・スネリウス
  • アントニウス・デ・ドミニス
  • フランチスクス・アギニウス
  • 意想色
  • レナトゥス・カルテシウス
  • アタナシウス・キルシェル
  • ドゥ・ラ・シャンブル
  • フランツェスコ・マリヤ・グリマルディ
  • ロバート・ボイル
  • ラザール・ニュゲ
  • 上揭ニュゲの論說についての諸考察
  • 第六篇 第十八世紀 / p215
  • 前期 ニュートンからドロンドまで
  • ロンドン協會
  • トーマス・スプラット
  • トーマス・バーチュ
  • 「哲學的會報」
  • 協會の起源は判然せず
  • イギリスにおける自然科學
  • 協會の外的利益
  • 協會の内的缺陷
  • 環境と時代とにある缺陷
  • ロバート・フック
  • アイザック・ニュートン
  • 「光學講義」
  • ロンドン協會書記官宛ての「書簡」
  • 「光學」
  • 協會に對するニュートンの關係
  • ニュートン自らの返答をうけたかれの最初の論敵たち
  • エドメ・(ペーテル)・マリオット
  • ジャン・テオフィール・デザギュリエ
  • デザギュリエは・マリオットを反駁す
  • ジャコポ・リカッティ
  • デザギュリエはリカッティを反駁す
  • ニュートンの人格
  • ベルナール・ボヴィエ・ドゥ・フオントゥネル
  • フオントゥネルのニュートン稱讚演說
  • ヴォルテール
  • ヴォルテールのニュートンに對する先入觀を示す二三の實例
  • イギリス熱
  • ルイ・ベルトラン・カステル
  • ゴーチエ
  • ドイツの學界
  • ゲッチンゲン・アカデミー
  • 追補
  • トビアス・マイエル
  • 後期 ドロンドからわれらの時代まで
  • 色消しの現象
  • ジョン・プリーストレー
  • パオロ・フリージ
  • ゲオルク・シーモン・クリューゲル
  • 轉換
  • 著者の告白 / p358
  • 圖版について / p382

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 色彩論 : 色彩学の歴史
著作者等 Goethe, Johann Wolfgang von
菊池 栄一
Goethe
ゲーテ
書名ヨミ シキサイロン : シキサイガク ノ レキシ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1952
ページ数 395p
大きさ 15cm
ISBN 400324074X
NCID BN01437189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52003119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想