エントロピーのすべて

小野周 著

エントロピーは120年も前に物理学に導入され、熱力学で中心的な役割をはたしてきました。さらにボルツマンの原理と、量子力学の発展に伴って、その概念は大幅に拡がり、現在では環境問題から経済現象にまで適用されています。この本は、まず物理学の発展とともに確立されてきた、エントロピーの概念を正しく理解することを目的に、さらに様々な現象や物性への適用についてやさしく解説しています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 熱機関の発展とカルノー
  • 2 エントロピーと熱力学
  • 3 分子運動とエントロピー
  • 4 固体のエントロピー
  • 5 エントロピーと磁性
  • 6 ボルツマンのH定理
  • 7 開いた系と混合物
  • 8 エントロピーの生成と流れ
  • 9 エントロピーに関する諸問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エントロピーのすべて
著作者等 小野 周
書名ヨミ エントロピー ノ スベテ
書名別名 Entoropi no subete
シリーズ名 Frontier science series 17
出版元 丸善
刊行年月 1987.9
ページ数 149p
大きさ 19cm
ISBN 4621032054
NCID BN01436470
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88001722
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想