脳の可塑性と記憶

塚原仲晃 著

記憶と学習のメカニズムを知ることに一生を捧げた大脳生理学者の最後のメッセージ。記憶の基礎にある、驚異的な脳の柔軟性を解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳の可塑性とはなにか
  • 第2章 記憶の座をもとめて
  • 第3章 神経回路はどのようにしてつくられるか
  • 第4章 記憶の分子説とシナプス説
  • 第5章 感覚・運動回路の可塑性
  • 第6章 動物の記憶とヒトの記憶
  • 第7章 三つの記憶システム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳の可塑性と記憶
著作者等 塚原 仲晃
書名ヨミ ノウ ノ カソセイ ト キオク
シリーズ名 叢書・脳を考える
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1987.10
ページ数 186p
大きさ 20cm
ISBN 4314004916
NCID BN01436459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88004111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想