教養の気象学

日本気象学会教育と普及委員会 編

[目次]

  • 目次
  • 1. 地球と惑星の大気 / 1
  • 1.1 大気の厚さと質量 / 4
  • 1.2 大気の温度 / 10
  • 1.3 大気成分と進化 / 22
  • 2. 放射と気温 / 27
  • 2.1 太陽からの放射 / 27
  • 2.2 地球からの放射 / 33
  • 2.3 放射収支と地表気温 / 35
  • 2.4 気温の高度分布の成因 / 38
  • 3. 大気の運動 / 47
  • 3.1 運動のはじまり / 47
  • 3.2 地球をとりまく流れ / 51
  • 3.3 地衡風と温度風 / 54
  • 3.4 いろいろなスケールの運動 / 56
  • 3.5 大気境界層と乱流 / 59
  • 3.6 局地風 / 65
  • 4. 雲と雨 / 70
  • 4.1 現象の規模と研究の方法 / 70
  • 4.2 雲と雨の種類 / 72
  • 4.3 微視的現象の生成・発展 / 74
  • 4.4 人工調節 / 86
  • 4.5 エーロゾル,雲,二酸化炭素,オゾンによる大気中の熱収支 / 88
  • 5. 天気の変化 / 93
  • 5.1 天気変化とじょう乱 / 93
  • 5.2 気団と前線 / 96
  • 5.3 低気圧と高気圧 / 99
  • 5.4 台風 / 107
  • 5.5 集中豪雨と集中豪雪 / 114
  • 6. 天気図と天気予報 / 119
  • 6.1 天気予報の歴史 / 119
  • 6.2 天気図のつくり方 / 121
  • 6.3 天気図と天気分布 / 129
  • 6.4 天気予報の種類と予報の出し方 / 132
  • 6.5 天気予報の利用 / 139
  • 7. 世界の気候 / 141
  • 7.1 気候の場所による違い / 141
  • 7.2 世界の気候を支配する要素 / 143
  • 7.3 世界の気候区分 / 148
  • 7.4 局地の気候 / 150
  • 8. 日本の気候 / 154
  • 8.1 日本の気候の特徴 / 154
  • 8.2 日本の気候区分 / 158
  • 8.3 季節の分類 / 160
  • 8.4 四季の天気 / 161
  • 9. 気候の変動 / 167
  • 9.1 昔といまの気候 / 167
  • 9.2 気候変動の原因 / 174
  • 9.3 異常気象 / 178
  • 10. 学校における気象観測 / 181
  • 10.1 理科教育と気象観測 / 181
  • 10.2 測器なしでできる気象観測 / 182
  • 10.3 測器を用いた気象観測 / 193
  • 10.4 観測資料の記録とまとめ方 / 208
  • 読者への手引 / 212
  • 付表 / 216
  • 索引 / 221

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 教養の気象学
著作者等 日本気象学会
日本気象学会教育と普及委員会
書名ヨミ キョウヨウ ノ キショウガク
書名別名 Kyoyo no kishogaku
出版元 朝倉書店
刊行年月 1980.9
ページ数 224p
大きさ 21cm
ISBN 4254161034
NCID BN01428177
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80044283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想