本質的緊張 : 科学における伝統と革新  2

トーマス・クーン 著 ; 安孫子誠也, 佐野正博 共訳

カール・ポパーとの論争など、科学哲学への刺激あふれる提言。「パラダイム再考」を始めとする8章は、著者の思想的・実践的営為の真姿を余すところなく伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第2部 クーン科学哲学論集(科学上の発見の歴史構造
  • 近代物理科学における測定の機能
  • 本質的緊張-科学研究における伝統と革新
  • 思考実験の機能
  • 発見の論理か探究の心理か
  • パラダイム再考
  • 客観性、価値判断、理論選択
  • 科学と芸術の関係について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 本質的緊張 : 科学における伝統と革新
著作者等 Kuhn, Thomas S
佐野 正博
安孫子 誠也
クーン トーマス・S.
書名ヨミ ホンシツテキ キンチョウ
書名別名 The essential tension
巻冊次 2
出版元 みすず書房
刊行年月 1992.7
ページ数 480, 53p
大きさ 19cm
ISBN 4622016923
NCID BN01425849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92058797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想