ウィトゲンシュタインとデリダ

ヘンリー・ステーテン 著 ; 高橋哲哉 訳

脱構築=ディコンストラクションとは、単にテクト解釈の方法ではなく、西洋哲学を支配してきたロゴス中心主義の批判である。本書はこの見地から、アリストテレス=カントの古典的「形式」概念をふまえつつ、現象学の脱構築者デリダと、分析哲学の脱構築者ウィトゲンシュタインとの交響をみごとに描き出し、彼らのテクスト的実践から、エクリチュールの新たな論理と倫理とを引き出そうと試みる。意味と時間、記号と規則、言語行為と意図、レトリックと演劇、法と死など多彩なテーマをめぐって考察を展開する、現代思想の哲学的最深部への導きの書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 形式から「差延」へ
  • 第1部 意味と時間(現象学のテクストにおける脱構築の開始
  • ウィトゲンシュタインは脱構築する)
  • 第2部 同一性との法と汚染の法(「私は今、彼をだますことにしよう」
  • レトリック、演劇、死
  • 法の堅固さ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィトゲンシュタインとデリダ
著作者等 Staten, Henry
高橋 哲哉
ステーテン ヘンリー
書名ヨミ ウィトゲンシュタイン ト デリダ
書名別名 Wittgenstein and Derrida
出版元 産業図書
刊行年月 1987.10
ページ数 364p
大きさ 20cm
ISBN 478280038X
NCID BN01425714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88000177
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想