日本民族学の回顧と展望

日本民族学会 編

[目次]

  • 目次
  • 序文 古野清人
  • 第I部 民族学理論の発展
  • 1. 歴史民族学 大林太良・山田隆治 / 1
  • 2. 社会人類学-日本におけるその成立と展開- 蒲生正男 / 27
  • 3. 物質文化の民族学的研究 宮本馨太郎 / 50
  • 4. 文化論
  • (1) 文化とパーソナリティ 祖父江孝男 / 59
  • (2) 文化理論・文化の動態 石田英一郎 / 64
  • 5. 民族学と民俗学-最近の動向- 関敬吾 / 67
  • 6. 民族学と周辺諸科学
  • (1) 形質人類学 金関丈夫 / 81
  • (2) 考古学 八幡一郎 / 84
  • (3) 歴史学 民族学と東洋史学の交わり 白鳥芳郎 / 95
  • 民族学と歴史学-ヨーロッパ社会経済史研究を中心に- 住谷一彦 / 104
  • (4) 地理学 小川徹 / 109
  • (5) 社会学 鈴木二郎 / 114
  • (6) 宗教学 古野清人・佐々木宏幹 / 117
  • (7) 言語学 徳永康元 / 123
  • 第II部 民族学的地域研究の発展
  • 1. 日本
  • (1) 社会構造-村落の社会組織に関する研究の回顧- 江守五夫 / 127
  • (2) 民間伝承 平山敏治郎 / 168
  • (3) 神話(伝説・昔話・俗信を含む) 松前健 / 181
  • 2. 南西諸島
  • (1) 琉球・奄美の社会人類学 村武精一 / 194
  • (2) 民間信仰 大藤時彦 / 219
  • 3. 日本・沖繩と周囲地域との比較研究 大林太良 / 228
  • 4. 極北・亜極北
  • (1) アイヌ 久保寺逸彦・河野本道 / 237
  • (2) ギリヤークとオロッコ 服部健 / 248
  • (3) 極北 岡正雄・松園万亀雄 / 252
  • 5. 東アジア
  • (1) 朝鮮 泉靖一・村武精一 / 258
  • (2) 中国 竹村卓二 / 266
  • 6. 内陸アジア 江上波夫・中村孚美 / 281
  • 7. インド・ネパール 山田隆治 / 290
  • 8. 東南アジア
  • (1) インドネシア 西村朝日太郎 / 296
  • (2) 台湾 岡田謙 / 328
  • (3) 台湾(高砂族) 末成道男 / 331
  • (4) 東南アジア大陸 加治明 / 336
  • 9. オセアニア 石川栄吉 / 342
  • 10. 西アジア・アフリカ 梅棹忠夫 / 350
  • 11. アメリカ大陸 泉靖一 / 354
  • 第III部 大学教育および研究機関における民族学の発展 石田英一郎 / 362
  • 文献目録
  • あとがき 白鳥芳郎

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本民族学の回顧と展望
著作者等 日本民族学会
書名ヨミ ニホン ミンゾクガク ノ カイコ ト テンボウ
出版元 日本民族学協会
刊行年月 1966
ページ数 369, 66p
大きさ 26cm
NCID BN01424347
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66005931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想