韓国の歴史像 : 乱世を生きた人と思想

李佑成 著 ; 鶴園裕 他訳

東アジア三国のなかで、朝鮮社会には儒教的秩序がとりわけ深く浸透していたが、李朝後期には、その桎梏をのりこえて近代を志向する実学思想がめばえ、やがて開化思想へと架橋される。本書は、実学の系譜をたどりつつ、その成立背景を都市ソウルの発展と結びつけて解明し、また実学派の人々の生きざまをも浮き彫りにする。さらに高麗時代にさかのぼり、朝鮮史上かつてない武臣政権のもとで、文人知識層がいかに身を処したかを追求し、また中華主義的世界観のなかで、朝鮮文化の意識が成立するさまを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 実学研究序説
  • 2 18世紀ソウルの都市的様相
  • 3 実学派の文学と社会観-朴趾源の場合
  • 4 李朝後期近畿学派における正統論の展開
  • 5 李朝後期の地理書・地図
  • 6 崔漢綺の生涯と思想
  • 7 李朝士大夫の基本性格
  • 8 朝鮮王朝の訓民政策と正音の機能
  • 9 韓国儒教に関する断章
  • 10 李退渓と書院創設運動
  • 11 韓国文化に及ぼした大陸文化の影響
  • 12 南北国時代と崔致遠
  • 13 高麗の詩人における文明意識の形成
  • 14 三別抄の遷都抗蒙運動と対日通牒
  • 15 高麗武臣執権下の文人知識層の動向
  • 16 高麗武臣政権と李奎報

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 韓国の歴史像 : 乱世を生きた人と思想
著作者等 李 佑成
鶴園 裕
旗田 巍
書名ヨミ カンコク ノ レキシゾウ
書名別名 Kankoku no rekishizo
シリーズ名 平凡社選書 109
出版元 平凡社
刊行年月 1987.7
ページ数 289p
大きさ 20cm
ISBN 4582841090
NCID BN01421870
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87051963
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想