図解恐竜はどんな生物だったか : その素顔と生活をさぐる

福田芳生 著

[目次]

  • 1 マンテル医師とイグアノドン
  • 2 1億年以前の魔の峡谷
  • 3 イグアノドンの正体
  • 4 最古の恐竜テコドント
  • 5 恐竜のミイラ化石
  • 6 恐竜の足の裏はどのような構造をしていたか
  • 7 恐竜の骨細胞はなぜ哺乳類型なのか
  • 8 恐竜のしっぽの腱
  • 9 装甲恐竜のよろい
  • 10 巨大な温度調節器をそなえた恐竜
  • 11 チラノサウルスの前肢はなぜ異常に小さいのか
  • 12 暴君竜チラノサウルスはなぜ絶滅したのか
  • 13 恐竜の歯ぎしり
  • 14 腐った肉を食べた恐竜
  • 15 恐竜の舌はどんな仕組をしていたか〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • CONTENTS
  • 地質年代表 / 4
  • まえがき / 5
  • 1 マンテル医師とイグアノドン / 11
  • 2 1億年以前の魔の峡谷 / 18
  • 3 イグアノドンの正体 / 24
  • 4 最古の恐竜テコドント / 30
  • 5 恐竜のミイラ化石 / 44
  • 6 恐竜の足の裏はどのような構造をしていたか / 56
  • 7 恐竜の骨細胞はなぜ哺乳類型なのか / 60
  • 8 恐竜のしっぽの腱 / 66
  • 9 装甲恐竜のよろい / 71
  • 10 巨大な温度調節器をそなえた恐竜 / 76
  • 11 チラノサウルスの前肢はなぜ異常に小さいのか / 84
  • 12 暴君竜チラノサウルスはなぜ絶滅したか / 87
  • 13 恐竜の歯ぎしり / 92
  • 14 腐った肉を食べた恐竜 / 96
  • 15 恐竜の舌はどんな仕組をしていたか / 99
  • 16 皮膚から毒液を分泌して身を護った恐竜 / 101
  • 17 恐竜の肉の味はどうだったか / 104
  • 18 恐竜の脳と感覚器 / 106
  • 19 恐竜の血液と心臓 / 114
  • 20 恐竜の胃石 / 118
  • 21 恐竜は糞をどのように排泄したか / 126
  • 22 恐竜の糞化石 / 131
  • 23 頭突きの名人パキケハロサウルス / 138
  • 24 トリケラトプスとチラノサウルスの死闘 / 141
  • 25 装甲恐竜のしっぽ / 146
  • 26 ステゴサウルスの背中の突起 / 148
  • 27 デイノニクスの犠牲になった哀れなテノントサウルス / 154
  • 28 好奇心が仇になったプロトケラトプス / 159
  • 29 恐竜の病気 / 163
  • 30 恐竜は皮膚病に悩まされていた / 169
  • 31 日本の恐竜 / 175
  • 32 恐竜の墓場は実在したか / 181
  • 33 人類が初めて手にした恐竜の卵 / 185
  • 34 生命維持装置を完備した最古の有羊膜卵 / 194
  • 35 恐竜の卵の構造 / 201
  • 36 恐竜の絶滅と異常卵 / 206
  • 37 化石探しの天才メアリー・アニング / 210
  • 38 ポシドニア頁岩の魚竜 / 214
  • 39 魚竜の法医学 / 220
  • 40 腸閉塞を起こした魚竜 / 227
  • 41 魚竜は胎生であった / 231
  • 42 日本で発見された世界最古の魚竜 / 234
  • 43 魚竜の進化 / 237
  • 44 テドリ竜の故郷 / 243
  • 45 凶暴なウミトカゲ竜と親切な女子大生の話 / 248
  • 46 釣りの名人タニストロフェウス / 256
  • 47 カメに似て非なるものヘノーダス / 260
  • 48 貝類を食べていた板歯類 / 264
  • 49 毛に覆われた翼竜 / 268
  • 50 潜水の達人ヘスペロルニス / 278
  • 参考文献 / 286
  • さくいん / 288

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 図解恐竜はどんな生物だったか : その素顔と生活をさぐる
著作者等 福田 芳生
書名ヨミ ズカイ キョウリュウ ワ ドンナ セイブツ ダッタカ
書名別名 Zukai kyoryu wa donna seibutsu dattaka
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1987.1
ページ数 295p
大きさ 18cm
ISBN 4061326759
NCID BN01413985
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87018718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想