8月15日の子どもたち

あの日を記録する会 編

1945年8月15日、太平洋戦争の敗戦の日。あの日、子どもたちの目に、心に、何が映ったか。青い空、静まりかえった町、大人たちの姿、うわさ、不安、恐れ、安堵。北海道から沖縄まで、そして朝鮮や旧満州など「外地」と呼ばれていた土地に生まれ育った人々もふくめて、全国400人の手紙を集成。戦争を記憶する最後の世代が今こそ語る、子どもたちが見た戦争。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わたしの心
  • 父の背中
  • 母の手
  • 姉の顔、おじの拳
  • 先生たち
  • 戦争が押しよせてくる
  • 落下傘爆弾や!
  • 安全地帯だと思ってたけど…
  • 最後の空襲
  • 玉音放送
  • サハリンの大地
  • マンセーの叫び
  • 逃避行
  • 内地では雪が見られるって
  • 勤労奉仕の日々
  • 空腹のなかで
  • 疎開っ子
  • 再会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 8月15日の子どもたち
著作者等 あの日を記録する会
書名ヨミ ハチガツ ジュウゴニチ ノ コドモタチ
出版元 晶文社
刊行年月 1987.7
ページ数 321p
大きさ 22cm
ISBN 4794957505
NCID BN01413635
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87050569
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想