デカルトと近代理性

河野勝彦 著

本書の内容は、デカルトを軸としながら、ロック、コンディヤックの所論をも包括したものとなっており、自然認識と形而上学の関係や、知覚論、心身問題、言語論等の諸問題を含んでいる。もとより「着実なる研究」とはいえないが、哲学史の研究を通して、私なりの問題意識を展開したつもりである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 デカルトと近代理性
  • 2 デカルト自然学の成立と形而上学的省察
  • 3 デカルト自然学と数学
  • 4 デカルトと数学
  • 5 デカルトにおける知覚的世界と物理的世界
  • 6 デカルトとガッサンディ
  • 7 デカルトとレギウス
  • 8 ジョン・ロックの経験論と実在論
  • 9 ジョン・ロックの自然認識について
  • 10 眼は何を視るのか
  • 11コンディヤック哲学における言語の位置
  • 12 カール・ポッパーの多世界論と唯物論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デカルトと近代理性
著作者等 河野 勝彦
書名ヨミ デカルト ト キンダイ リセイ
書名別名 Dekaruto to kindai risei
出版元 文理閣
刊行年月 1986.7
ページ数 287p
大きさ 22cm
ISBN 4892591033
NCID BN01412020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87008369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想