食からみた日本史  上

高木和男 著

[目次]

  • 前篇〔上古・古代篇〕(日本列島と大陸
  • 氷河時代
  • 縄文人
  • 弥生人の渡来
  • 米のルート
  • 魏志倭人伝と後漢書東夷伝の倭国
  • 倭国大いに乱れる
  • 鉄の生産、水田・牧畜の発展
  • 平城宮(奈良時代)
  • 奈良時代の食物
  • ヤマタイ国の安定期(平安時代)
  • 上古・古代篇のまとめ)
  • 後篇〔中世篇〕(平安安定期の内部矛盾
  • 内部矛盾の顕在化
  • 中世動乱の物質的基礎
  • 中世の食生活
  • 中世篇のまとめ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食からみた日本史
著作者等 高木 和男
書名ヨミ ショク カラ ミタ ニホンシ
書名別名 Shoku kara mita nihonshi
巻冊次
出版元 芽ばえ社
刊行年月 1986.9
ページ数 238p
大きさ 21cm
ISBN 489579041X
NCID BN01411243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
87035625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想