ヨーロッパ中世人の世界

新倉俊一 著

「愛は十二世紀の発明である」-たとえば、この逆説とも響く主張を、ヨーロッパ中世文学の華、トルバドゥール詩歌や『トリスタン物語』を題材に検証するとどうなるか。あくまで同時代に流布したテクストから出発し、時代の文脈を逸脱することなく、中世人たちの愛と死、そして夢の世界を情熱的な文章で綴る、文学・歴史エッセイ集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 中世の知識人-アベラールとその後裔たち
  • 中世人と死
  • 中世人と夢
  • 中世人の法意識
  • 中世の「近親相姦」伝承
  • 愛、十二世紀の発明
  • 司祭アンドレの『恋愛術』
  • モロワの森の恋人たち
  • ファブリオ、コント、ノヴェレ
  • ファブリオの世界
  • 悪女伝『リシュー』
  • トルバドゥール芸術とアラビア文化
  • ある写本の話
  • 海の星-Stella Maris

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ中世人の世界
著作者等 新倉 俊一
書名ヨミ ヨーロッパ チュウセイジン ノ セカイ
書名別名 Yoroppa chuseijin no sekai
出版元 筑摩書房
刊行年月 1983.11
ページ数 345p
大きさ 20cm
ISBN 4480084142
NCID BA35523803
BN01402071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
84017365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想